震災被災地で介護職員初任者研修受講者を募集中。

先の東日本大震災で大きな被害を受けた市町村の中には、
介護の人手不足が深刻な地域も少なくありません。

そのため、震災被災自治体のいくつかでは、
介護の人材確保のために、介護職員初任者研修の受講に自治体からの助成が受けられます。

たとえば、
南相馬市では受講料を無料で

(1)南相馬市民又は南相馬市居住者
(2)18歳~65歳(高校生は3年生のみ)
(3)原則として、講座修了後に市内介護施設等で介護職員として働く希望があること。

の3点を条件に、
介護職員初任者研修を無料で受講できます。

南三陸町でも

町内に住所を有し、研修終了後に介護サービス事業所等に携わることを希望する方で、研修課程に全日程を受講できる方。

※南三陸町内に住所がなくても、町内福祉事業所等で勤務しているなどの個々の状況を考慮します。

以上の条件で1万円で介護職員初任者研修の受講ができます。

介護の人手不足が深刻な自治体では、被災地以外でも独自に助成を行っているところもありますので、
ホームページなどで確認しておきましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です