介護職員初任者研修の修了試験で不合格になったらどうなるの?

介護職員初任者研修についてですが、
これまでのホームヘルパー2級研修との大きく違う点として、
修了試験があることがあげられます。

試験問題は、受講した内容から出題される確認テストのようなもので、
難易度としてはそれほど高い問題は出ないとも言われています。
ただ、自宅学習の時間が十分に取れない方も多く、
短期間集中での講義が頭に入らないという場合も多いのではないでしょうか。

それでは、この修了試験に不合格だった場合は、
この研修受講は無効になるのでしょうか。

これに関しては、
研修を受講する各校によって取り扱いが違いますが、
不合格だった場合、補講を受けて再試験としているところが多いようです。

ただ、ニチイ学館のホームページなどを見ると、
この補講と再試験を有料としているようなので、その金額なども気になります。

不合格になっても受講が無効となることはありませんので、
その点はご安心ください。


“介護職員初任者研修の修了試験で不合格になったらどうなるの?” への1件の返信

  1. アイ・ヘルパースクールのスクール長をしています、井上と申します。
    当校では4月から介護職員初任者研修講座を開講していまして、最初の方のクラスは正にその修了試験の段階に入っています。
    ご存じのように国の規定(=各都道府県の規定)で、介護技術評価である一定以上のレベルを確認されることと、修了試験に合格することが修了の条件になっています。
    そして現実は、学校と同じでいい加減な評価ができませんので、どうしても評価や試験で不合格になる生徒さんがいらっしゃいます。
    当校では、目的が生徒さんがある一定レベルに達していただくことなので、試験からクラス全体の修了日までの期間を20日設けていて、不合格の方には、その間に無料で何度でも実技補講を受けていただいたり、筆記試験も追試を何度でも無料で受けていただいて、クラスメイトと一緒に、全員で修了できるよう環境を提供しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です